大沢ヴィレッジ

巡り逢い

約10年前、住まい手さんにレンガや炭を焼いてもらったり、鍛冶仕事で手づくり金物を作ってもらったりする作業所(山の沢工房)をつくろうと土地を探していました。そして巡り合ったのがこの大沢地区です。藤枝駅から北へ車で僅か20分、初めて訪れた時の印象は奥深い山郷でした。 土地を分けていただいて間もなく、がけ崩れが頻繁に起こる上大沢に大きな災害復旧を兼ねた崖の補強工事があり、その飯場として土地を提供することになりました。 こうして数年の時が流れ、大沢地区に出向く機会も増えるにつれ、大沢が抱える事情を理解できるようになりました。

4〜500年の歴史をもつ大沢の里、いくつかの滝を従えながら村をつなぐ沢、その両側は小高い崖になりそのほとりに集落がなしていました。穏やかな気候と清流に支えられ、戸数150戸近くの集落に育っていきました。 昭和になってから転機がやってきました。崖がもたらした災害でやむなく里を離れることを決心する人、やがて、県の崖地危険区域の指定が追い討ちをかけ強制的に立ち退きを余儀なくされる人、里から家と人の姿が消えていく状況になりました。そして、現在14戸の住いがみかんに囲まれた里に残り静かな暮らしを営んでいます。

私たちの手で移築再生

崖補強工事が終わり土地を返していただく頃、上大沢で家を壊して出て行かれるご家族が暮らす一軒の家と出会いました。 この大沢の家が消えていく、この住いを同じ大沢に残せないだろうか。 お話をすると喜んで家を譲っていただくことが出来、大沢の家は上大沢から下大沢に移ってきました。またこの移築が私達自らの手(技術)でできたことは大きな自信になりました。

移築を通して里の方々との交流も始まりました。里の行事にも参加し里の四季も学びました。大沢には里を丁寧に守る人たちがいます。自然があり里の暮らしがあります。移築した昭和初期の家は当時の暮らしを再現してくれます。 そこには私達が家づくり、暮らしづくりの中に取り入れたい知恵や工夫、気付きもあります。

三つの基本姿勢

私達はここにお世話になる基本姿勢を三つの言葉に表しました。 「ためそう」「まなぼう」「のこそう」 この三つの言葉は大沢の里“大沢ヴィレジ”で活動する時の基本理念です。

私達は移築した家に名前を付けました。「青のさんっち」です。 青野さんはこの家を住みつないできた方です。いつまでも青野さんの暮らしの臭い残る家でいて欲しいとの願いを込めました。

ここでは、住まいの勉強会、かまどでのご飯づくり体験、もちつき、里山体験、里山勉強会、竹の子刈り、お正月飾り作り、お茶会、コンサート、草刈、などを行なってきました。

大切なものを残す10年

これからはさらに、この里の持つ魅力、この移築民家の持つ魅力をいかし「大切なものを残していく」その活動の場に育てていきたいと思っています。 特に、この先10年は「大切なもの」を引き継ぐ為の残された大事な10年と位置付けました。伝えるものがあり、伝える人がまだ身近にいる。おじいちゃん、おばあちゃんもその一人です。私達には大切な10年がまだ残っていると考えています。 具体的には ・ おじいちゃん、おばあちゃんと小・中学生数人との里山体験を行なう ・ 民家の知恵を学ぶ家づくり・暮らしづくり勉強会開催 などを中心に無理なくじっくり取組んで行きたいと思っています。

「ためそう」「まなぼう」「のこそう」

まずは私達自らがこの大切なものを残すキーワードを実践することからです。

大沢ヴィレッジふるさと発見物語

ためそう、まなぼう、のこそうリーフレット差し上げます。
絵はがき7枚セット 500円
大沢の暮らしと自然を紹介しています。
CD 1,000円 大沢ふる里応援ソング

アクセス

連絡先:ハイホームス TEL. 054-636-6611 / E-mail.hihomes@tokai.or.jp

上へ戻る